MENU

ヘモグロビンa1c下げるサプリ

血糖値が高めであったり、親が糖尿病である方なら、自分も同じようになるのでは?と不安ですね。糖尿病が気になる方がチェックしている、ヘモグロビンa1c(HbA1c)。あなたの数値はどうですか?糖尿病と判定される6.5%に近づいていませんか?

 

毎日の食事や運動を気を付けているけれど、数値が高めを推移している方にはサプリをおすすめします。血糖値対策によい成分が、食事より効率よく摂取できます。当サイトでは、ヘモグロビンa1cを下げるサプリをまとめてご紹介。1、2ヶ月後のヘモグロビンa1cの改善にむけて、是非どうぞ。

 

 

前田の菊芋の特徴

菊芋のイヌリンがヘモグロビンA1cにいい!菊芋に含まれる水溶性食物繊維イヌリンは、血糖値を下げる腸内善玉菌のエサに。善玉菌が活性化して、ヘモグロビンA1cの値が改善されます。大阪大学にてヘモグロビンA1cへの効果を検証し、3カ月の摂取で全員が糖尿病の基準値以下に。完全無農薬、有機栽培のドイツ産菊芋を使用。お好みで選べる、顆粒と錠剤があります。1日めやす、顆粒なら2包、錠剤なら15粒。初回限定価格もあり、始めやすくなっています。

価格 6,000円
評価 評価5
備考 水溶性食物繊維イヌリン

 

 

グラシトールの特徴

アイスプラントで糖バランス対策!アイスプラントに含まれるピニトールは、植物性インスリンとして糖コントロール成分で注目されています。といっても、アイスプラントを毎日食べ続けるのは難しいという問題がありました。そこでサプリメントにすることで、手軽に摂れるように。1日めやす6粒にピニトール300r配合。食事や運動の改善とともに、糖コントロールのサポートにどうぞ。

価格 1,935円
評価 評価4
備考 アイスプラントに含まれるピニトール

 

 

ルックルックイヌリンプラスの特徴

菊芋の成分イヌリンが糖の吸収を抑えてくれます。食後の血糖値が気になる方におすすめの菊芋をはじめ、ヘモグロビンA1c値の改善に嬉しい成分が詰まっています。腸内環境のためのヨーグルト、サラサラ成分の納豆&玉ねぎ、糖の吸収を抑えるサラシア&桑の葉をギュッと1粒に。1日めやす6粒。回数縛りのない定期コースは、初回37%OFFキャンペーンもありお得です。

価格 2,980円
評価 評価3
備考 菊芋の成分イヌリン

 

ヘモグロビンa1cとは何を示す数値なの?

 

血液検査の際に、皆さんの健康のためにひとつ注目してほしい項目がヘモグロビンA1cというものです。何となく、ヘモグロビンというと鉄分と思っている人が多いのですが、これは鉄分や貧血とは関係ありません。

 

HbA1cと表記されていることも多いヘモグロビンA1cは、赤血球のタンパクであるヘモグロビンとブドウ糖が結合したグリコヘモグロビンの一種であり、つまるところ、血糖の状態を示すひとつの指標となるのです。

 

高血糖の状態が長期に渡るようになると、血管内部で余分なブドウ糖は体内のタンパクと結合するようになり、赤血球と結びつくとグリコヘモグロビンとなります。その中でも、糖尿病に関する貴重な情報を提供してくれるものがヘモグロビンA1cなのです。

 

ヘモグロビンは元々赤血球の中に存在しているタンパクで、カラダの隅々まで酸素を運ぶというのが主な役目です。これが体内をめぐる間に徐々にブドウ糖と結合していくようになっています。そのため、この値が高いということであれば、血管内の余分なブドウ糖が多いということを示すのです。

 

正常値は4.3〜5.8%の範囲となりますが、これが6.1%以上である血液の状態を糖尿病型と日本糖尿病学会では従来判定していました。現在は国際基準となっているNGSP値を採用し、6.5%以上を糖尿病型とするように定められています。

 

いわゆる血糖値と呼ばれる場合は短期間の上下が見られるのに対し、このヘモグロビンA1cについては中〜長期に渡る血糖値の過剰な状態から数値が上がるものなので、血糖の状態をより正確に知って治療に活かすことができます。

 

ヘモグロビンa1cと血糖値の関係

 

ヘモグロビンA1cも血糖値も、糖尿病の有無や状態を診断するために基準となっている数値ですが、より重要視されるのはヘモグロビンA1cです。

 

血糖値は文字通り血液中の糖の量を表していますが、ヘモグロビンA1cと言われても何を示しているのかよくわからない人も多いでしょう。そもそもヘモグロビンというのは血液の中で酸素を運んでいるんじゃなかったっけ?と思う人もいると思いますが、これはそのヘモグロビンとは違います。

 

ヘモグロビンA1cは、ヘモグロビンと血液中のブドウ糖が結合したもので、ヘモグロビンが体をめぐる間に余分なブドウ糖とくっついてできるようになります。ヘモグロビンが体内にとどまっている期間は約4ヶ月と言われているため、このヘモグロビンA1cが多いということは、ブドウ糖の量がその期間にわたって多い状態が続いているということです。

 

血糖値というのは一日の中でも空腹や食後など、採血をする時間帯で数値が大きく変わったり、ストレスの影響で数値が変わることもありますから、ひとつの目安にはなりますが不安定な数字ともいうことができます。

 

しかし、ヘモグロビンA1cが高いということは、血糖値が高い状態がある程度の期間安定してしまっていることを示します。

 

もちろん、ヘモグロビンA1cは低いのに血糖値は高いというようなケースもありますが、それらの様子を見ながらより正確な血糖の状態を把握するために両方が使われているのです。ですから、血糖の状態を判断する際には、この二つの指標を両方見るようにしましょう。

 

ヘモグロビンa1cの基準値は?数値の見方

 

ヘモグロビンA1cの数値が健診の血液検査などでわかると思いますが、この数値がわかっても評価ができなければ意味がありません。検査表では正常値の範囲が示されていて、自分がそれと比較してどのくらいなのかはわかりますが、どの程度心配するべきかまでは記載が無いことがほとんどです。

 

今、このヘモグロビンA1cの正常値は国際基準の測定基準を用いることになっていて、以前から日本で行われていたものよりも寛容になっています。

 

基本的には、性別・年齢に限らず6.0%以上であれば要改善といわれています。年代や性別によって多少の違いはありますが、基本的にすべて5%台ですから、それ以上になっている場合には少し気をつける必要があります。

 

また、糖尿病などを疑い、問題にするのは8%程度からとなります。7%台は、すでに正常値を越えていて長いと見られ、生活習慣上の問題があると推測され、放っておくと糖尿病やその合併症が心配される8%台に移行する可能性が高く、生活指導などが厳しく行われるようになります。

 

ちなみに、8.4%以上の状態が長期に渡ると、両足のしびれが起こったり、視力低下や失明といった問題が生じます。また、さらにその状態が長引くと、腎不全や心筋梗塞、脳梗塞などの危険性が増すようになり、がんのリスクも高まります。

 

血液検査のたびにこの数字については気にしておいて、普段の食生活や運動習慣を中心に改善していくようにしましょう。くれぐれも見なかったフリをしないように。

 

ヘモグロビンa1c下げるには?

 

ヘモグロビンA1cが高い状態というのは、それだけ慢性的に血糖値が高い状態ということになりますから、早めに改善していかなければ糖尿病などの問題を生じることになります。そのためにはどういった方法が有効なのでしょうか。

 

ヘモグロビンA1cは血液中に余分なブドウ糖があることによって作られますから、運動をして血液中の糖(ブドウ糖)を消費することで抑制することができます。できるだけ糖分からエネルギーを発生させることができるように、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うと良いでしょう。

 

また、筋トレはその時に多くのエネルギーを消費するわけではありませんが、基礎代謝の量を上げてくれるのでエネルギー消費量が増えて血糖値が下がりやすくなります。いずれにしても、ある程度の期間、継続的に行うことが重要ですから、ムリの無いようにペースを考えながら行いましょう。

 

また、普段から食事に気をつけることは王道であり最上の改善方法です。ヘモグロビンA1cを下げるためにはもちろん、糖分を抑えることが大切なのですが、単純にお菓子・炭水化物などを控えるだけでなく、糖分の吸収を抑えるための食物繊維などを多く摂取することがポイントです。

 

カロリーを単純に制限するのではなく、炭水化物の摂取を抑えて他の栄養素でカロリーを摂取しましょう。そうするうちに栄養バランスも整って体の代謝も上がっていくと思います。

 

その他、健康食品やサプリメントを利用するのもよいでしょう。食事療法よりも直接的に有効な成分を多く摂取することができるので、血糖値対策が効率化されていきます。少々価格が高いものもありますから、継続性を考えてお手ごろなものから始めると良いでしょう。

 

ヘモグロビンa1c・血糖値下げるサプリ成分

 

血糖値を下げる、というのは多くの場合は生活習慣の改善です。生活習慣の改善というのは、今までやっていた生活をやめて、食習慣や運動、睡眠など、いろんなものを見直していくことですから、制限や束縛感を感じるしかありません。

 

こういった生活が、多大なストレスとなって、かえって血糖値に悪影響を及ぼすこともあります。ストレスが血糖値を上昇させる大きな要因であることもわかっています。

 

ですから、基本的には強いストレスを感じない程度の改善を少しずつ重ねていくしかなく、その間は薬やサプリメントなどによって血糖値の上昇を抑えていくというのが現実的な改善の薦め方となるでしょう。

 

サプリメントのメリットは、薬と違って用量用法を守る以上は副作用が生じるリスクがないことです。食品の一部ですから、摂取することで基本的に害はありません。長期的に飲むことを考えれば、これは大きなメリットです。

 

また、目的や機能がハッキリしていることや、栄養改善のような難しい知識が必要ではないので、忘れずに飲むだけである程度の効果が期待できるところにあります。

 

デメリットとしては、やはり改善が本人に一任されてしまうことと、即効性に乏しいところ、そしてお金が多少かかるところです。病院の薬は保険が適用されますが、サプリメントは保険が適用されませんので、どうしてもお金がかかります。

 

それでも、その健康効果を実感したい、通院する手間や時間を節約したい、そういった方々の間では、サプリメントは非常に高い人気をもっています。

更新履歴