MENU

血液をサラサラにする青魚

青魚といわれる魚は、体の表面が青っぽく光る魚のことをいい、サンマやサバ、イワシやアジなどが代表的です。昔から体にいい食品とは言われてきていたのですが、研究が進み、その理由は多岐にわたることがわかってきています。

 

青魚が健康に良いと言われる最たる理由は、青魚に含まれるDHAとEPAという成分で、これはオメガ脂肪酸に分類されるものです。体内では作ることができないために、必須脂肪酸とされているものです。オメガ脂肪酸は脂肪酸ではありますが、体の中では悪玉コレステロールの分解のために働きかけてくれるので肥満の原因にはなりません。また、血液の流れが良くなることから、体の代謝を高めて血糖値にも作用します。

 

青魚を食べると頭がよくなる、認知症にも有効といわれるのは、このDHAは脳の血管に直接的に働きかけることができる数少ない成分であるために、その血行改善効果が高く、脳の活動を活発にするものとされています。基本的に血糖値が高い、また血中の脂質が多いとドロドロした血液になるので、血液をサラサラな状態にしてくれる効果が高い成分と言えるでしょう。

 

DHAやEPAの摂取のためには、かなりの量の刺身を食べる必要がありますので、食品のみでの摂取はよほどの刺身好きでなければ難しいでしょう。お金もかかってしまいます。ですから、サプリメントやいろんな健康食品を利用して摂取するのが最も効率的です。いまやサプリメントの中でも人気の成分ですから、非常に多くの商品が出ているので探すのは苦労しないと思いますが、それだけに質の良いものを選びたいところです。