MENU

糖尿病、脂質代謝を高めるクロム

クロムというミネラルをご存知でしょうか?これは人間の体内では生成することができない必須ミネラルで、玄米や小麦胚芽、そばなどに含まれています。このクロムですが、近年の研究によってインスリンの働きをサポートする効果があることがわかり、注目が集まっています。血糖値の安定や糖尿病の改善、さらにはエネルギー代謝の効率化によるダイエット効果も期待されているのです。

 

クロムと一口に言っても種類があり、自然界のクロムはほとんどが三価クロムと呼ばれるものです。体内に取り入れられたこのクロムは、体内でのあらゆる代謝のために利用されています。特に脂質代謝においてはクロムが脂肪酸やコレステロールの合成を促してくれるために、代謝が活発になってコレステロール値の定価や動脈硬化・高血圧の予防に有効です。

 

このクロムは体が必要とするミネラルなのですが、その吸収率が決して高くはなく、食べてもその大部分は吸収されずに排出されるために不足しがちでうs。2型糖尿病の人では、尿中のクロムの量は正常な人の半分程度ということが言われています。クロムの摂取によって、体内でGTFという物質がつくられ、血糖値が正常値に戻す働きがあると言われています。

 

食事からの摂取が簡単ではないので、クロムの摂取は現実的にはサプリメントなどに頼るのもひとつだと思います。サプリメントなら、吸収率についても工夫されていますから、いっそう効率的に摂取することが可能です。